Note

 
 

2018.03.16

4月から新しいプロジェクトが少しづつ進んでいます。市内にアトリエをつくって自分の好きな人、応援したい人のものを少しづつ紹介していきます。休日民藝というなんともいえない名前の由来ですが、今の僕らにはぴったり。
https://www.holk.jp/

link0205.jpg
 

 

2018.03.01

淡い記憶。
−FOLKLORE ; haruka nakamura に寄せて
 
「今日、この日、この瞬間にしかない音楽を」 彼はよくそう話して演奏をはじめる。柔らかくて温かい、そしてどこか懐かしい音楽の時間は、断片が散りばめられた淡い記憶を探るような体験をさせてくれる。ぼくらは、スタジオに眠っていた50年前のピアノのことを思い出し、最初の演奏を彼にお願いしたいと思った。彼の好きな橙色の炎を添えて、空間は音楽と橙色の光のなかでゆっくり溶けていく。誰もがもっている淡い記憶。その扉を少しだけ開けてみたいと思う。

https://www.awaikioku.jp

1_folklore42022DM.jpg
 

 

2018.01.26

今年もたくさんやりたいことがある。でも、一人で実現できることはなく、どのプロジェクトもいろんな人に助けてもらいながら、少しづつ進んでいく。予算も気にせず、好き勝手にできてしまうことほど、責任感がなく、生まれた後のことまで想像が続いていかない。時には大きく、時にはとても細かなことを目を凝らして見つめ続けていくことしかないと思う。途中で手を離してしまうのであれば、一緒に関わる人にそれも分かったうえで進めていくべきである。世の中にある無数の仕事は、誰かが倒れても誰かが補って成り立つようになっているけど、ぼくのやりたいことは、誰一人欠けてもできないことばかりだ。だったら、外の人から全く見えないけど、みんなの足元を支える役割を率先して担っていきたい。いつだって、誰かのエンジンになってあげられるように日々の時間を使っていけることほど幸せなことはない。

6FB57278-F953-4771-B5BE-72719C9AB609.JPG
 

 

2017.12.31

ふりかえると、大切な人たちが増え、その人たちと今年はたくさんの話をしたように感じる。自分なりの社会を生きていると思っている。流行り廃りの時間とは程遠い、人が重なりあったとても熱いところに感じる。人と人が連鎖していくと自分の想像を超えていき、着地した先は水平線の美しい海辺のような場所でもある気がする。新しいことも大切だけれども、もっともっと近くにある熱いことを真剣にまた向き合ってみたい。1年の締めくくりの仕事に haruka nakamura さんと一緒できて、また来年の冬にharukaさんからもらった時間を振り返れると思うと、来年もまた楽しみでしかたない。

https://www.harukanakamura.com

C56F2F1D-3EE7-4B53-AE86-5DC59A7956D5.JPG
 

 

2017.12.19

「一緒に音楽になってもらえると」そう言って演奏ははじまった。とても美しく、今まで感じたことのないような高揚感の時間にただただ感動していた。それは個々が重なり、一つになった結晶に圧倒され、改めて人と人で作り上げることの素晴らしさを教えてもらったようだった。感じる熱量は凄まじく熱く、美しさ以上に赤裸々なPUNKの演奏を聴いているようだ。「今日、この日、この瞬間にしかない音楽を。」僕も、彼にできる最高の仕事を届けたい。年の瀬に、また心が開いた時間だった。(京都文化博物館「12月のカーテンコールIII」京都公演)

5E4E866D-A661-43C1-9893-3A9DB4BA17AC.JPG
 

 

2017.11.16

COMMONOreproductsさんでの最後の展覧会は、12月のCAFE CAFE MARKETさん。昨年の強烈な印象が色褪せないまま、あっという間に1年経ったのだと思うと、今年のいろんなことも同時に思い出します。山本さんや水谷さんとの冒険は続いていくので、あまり最後の感じがないのですが、好きなブランドが節目を迎え、次のステージに進んでいくことをしっかりと記憶したいと思います。今回は、栗原さんの古着やCOMMONOreproductsさんの別注もあるみたいで、最後まで楽しませてくれる姿勢にまた学びの多い時間になると思います。

http://home.commonoreproducts.com/news/

20171116-IMG_1950.jpg
 

 

2017.10.16

大台町のプロジェクトは、去年から少しづつ行っていて、今回の展示会の新作として用意した黒の杉材ブロックやヒメシャラのブックエンドなどは、去年水谷さんの手紙の一文からヒントを得て作成しました。テーマは「田舎までパンを買いに」。そのフレーズをそのままブランド名にしたかったぐらい、はっとする言葉だった。僕は普段、いろんな人のために制作を行っているけど、自然が作り出す造形は生み出せない。夕暮れの空をみながら、いつもこのグラデーションはデータでは作れないと毎回思うのです。だったら、木製品も凝ったデザインをするよりもできる限り少ない工程で製品としての機能をもたせれないかと考えてできたのが、今回のコレクションです。大台町は、少しアクセスは悪いけど、とても豊かな土地です。なかなか現地にいかないと、その豊かさは感じることができないけど製品を通じて、野ざらしの時間がくれるデザインも感じて欲しいと思ってます。11月に、また会いましょう。

https://odai.studio

 

 

2017.10.15

三重県大台町の森林組合と一緒につくっているブランド「Odai」の展覧会を11月から名古屋、松阪、東京で開催します。大台町は日本一の清流「宮川」が流れ、原生に近い自然が残る日本三大渓谷「大杉谷」があります。「Odai」は、わたしたちが日々の暮らしで感じている「自然」をかたちにしたものです。プロダクトを通じて、少しでも日々の暮らしが豊かになり、大台町の自然の豊かさを感じてもらえたらと願っています。
今回は、カルティベイトさんにご協力頂き、名古屋では1日限定でレストランを。松阪では、カルティベイトさんの会場でコンセプト映像の音楽を制作していただいたharuna nakamuraさんとのインスタレーションライブを行います。会期中は、新作の受注会やアロマなどの一部商品の販売も行います。ぜひ、いらしてください。

http://odai.studio

 

 

2017.09.18

TOKYO ART BOOK FAIR 2017 に出展します。僕らは、清水寺のinsightをはじめ、三度目の京都で制作したBOOKを販売します。今年は、天王洲アイルに会場を移して、国内外の出版社やギャラリーがとても多く集まるので他の出店者のブースも楽しみです。ぜひ、お立ち寄りください。

http://tokyoartbookfair.com/exhibitors/
(SECTION : A 株式会社 ディスカバリー号)

5TfdbjnV_400x400.jpg
 

 

2017.09.07

ARTS&SCIENCEのWEBサイトを公開しました。まさか、こんな日がくるとは 笑。いろんな無茶に全力で向き合ってくれた川田さんたちに感謝です。好きなブランドというより、出会ったころの20代の僕には完全に憧れのブランドでした。30代になってARTSのパンツを買った時にコモノの山本さんに「鈴木くんもそういう年齢になったんだよ」と言われた時に、憧れから自分ごとになった気がします。彼らにとって、何が足りていないかをみんなで考えて「机の引き出し」をテーマにしました。他と比べる必要はないのだけど、最近のサイトは写真ばっかり。分かりやすくて良いかもしれないけど、分かってしまうスピードの分だけ消費のスピードも速いのだと思います。目にみえる事以上に作っている人を愛して買い物を楽しんでいくべきだと改めて思います。ARTSさんのサイトは最初みても、文字ばっかり。でも一つ一つのコンテンツの引き出しには、彼らが情熱を持って取り組み、作り上げてきた結晶がたくさん入っています。WEBサイトの記事がたまっていき、いつか大きな本棚のようになっていけたらと夢見てます。

須藤さん、エンヤさん、いつも有難う。

fc6927a4cd7fc6f068de9eb5d3ae4aff 2.png
 

 

2017.08.13

清水寺の日本語サイトのリニューアルとFEEL KIYOMIZUDERA vol.5が発刊されました。プロジェクト開始から5年を超え、本堂の茅葺き屋根もいよいよ数年間かけて改修工事となります。タブロイドのテーマは「積層する時間」としました。取材のために、工事中の本堂の屋根に上らせてもらうと、茅葺き屋根の断面はまさに地層のように美しい時間を刻んでました。50年という時間が、そこには確かにあり、そして僕らも50年後に何を残していくべきか強く考えた時間でした。大きなことはできませんが、未来のためにできることを少しづつ考えていけたらと思います。

fc6927a4cd7fc6f068de9eb5d3ae4aff.png
 

 

2017.04.03

free stitchさんが運営するメディア「 ONE DAY 」の写真集が届きました。僕ら家族を取材してもらったのが1年半ぐらい前。あっという間だったけど、子供ができたり、いろんな出会いがあったりと月日の短さを感じつつ、学びの多い時間でもありました。free stitchさんもそうだけど、ぼくの近くにあるブランドやお店、作家たちはやっぱりとても情熱的で刺激的である。そのたびに自分にできることの少なさを考えてしまうのだけど、やっぱり、どこまでいっても愛情がなければ、どんなことも続いていかないのだと思う。日々、たくさんの物事に触れてしまうけど、それらがどれだけカタチとして、記憶として残っていくかはわからない。だけど、ヒトの目が届いているものは、モノもマチも長生きしていくと思っている。本というカタチで残してくれた「 ONE DAY 」は、僕にとって一生忘れられない体験である。

http://www.one-day.jp/

taro_08.jpg
20170410-IMG_8724.jpg